FC2ブログ
自遊人
春は渓流釣と山菜採り、夏は鮎の友釣りで自然に浸る。
05 | 2012/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月19日 咲き始めた月見草
昨日まで気配がなかった月見草、今朝、咲いていた。種を蒔いてから2年経った今年、
急に大きく伸び1.4mにもなった。これは食用になる種類のオオマツヨイグサである。
花弁を軽く湯がいておひたしにして食べられる。初夏の味わいというが、癖がない。
ところで月見草とヨイマチグサは、同じ種類なのか違うのかと調べてみた。
富嶽百景で太宰治が、富士には月見草がよく似合うと云っているが、その月見草の事を
金剛力草と言いたいくらい、けなげにすつくと立っていたという。金剛は黄色であり
実際にこのオオマツヨイグサでないかと思える。
一方、「待てどくらせど来ぬ人の宵待ち草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」の
竹久夢二はどんな花をイメージしたのか。絵から想像すると弱々しい月見草でないか。
本来の月見草は一重の白い花でヨイマチグサは黄色が多く、これらは同じ種類であり
そう厳密に区分けするものでない。文人が感性で使い分けしをしたと思う。

CIMG0754月見草

スポンサーサイト


プロフィール

自遊人

Author:自遊人
春の季節

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。