FC2ブログ
自遊人
春は渓流釣と山菜採り、夏は鮎の友釣りで自然に浸る。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月15日 芍薬
今年も花壇の芍薬が咲き始めた。先月は牡丹が庭中香りを放し、咲き誇っていたが、この
芍薬は花壇の片隅でこっそりと咲いていた。

CIMG0735芍薬

牡丹の株から一重の花が咲いていた。これは牡丹と違うれっきとした芍薬だ。
芍薬も牡丹も同じボタン科で牡丹は木であるが、芍薬は宿根で草である。従って冬になると
牡丹は葉を落として木だけになるが、芍薬は根だけ残して枯れてしまう。春になって牡丹は
木の先から芽を出し、芍薬は土から芽を出す。また、牡丹の葉は切れ込みが入っているが、
芍薬にはその切れ込みがない。花の散り方も違う。牡丹は豪華に咲いて一気にバラバラと散り、
芍薬は蕾がほころぶように咲いて最後は散るのを惜しむようにしがみついている。生花には
芍薬がいい。切っても翌年芽が出るが、牡丹は切った後の木は枯れて翌年は芽が出ない。
なぜこのように牡丹の木に芍薬があるかというと芍薬の根に牡丹を接木したからである。

CIMG0728牡丹?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://snt24ki3.blog64.fc2.com/tb.php/93-2fcf1918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

自遊人

Author:自遊人
春の季節

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。